検索
この検索ボックスを閉じます。
検索
この検索ボックスを閉じます。

電話: 79 30 11 50

国立デンマーク・フィルハーモニー管弦楽団

Alsion 2、6400 セナボルグ

ルート・ランガード・フェスティバル

8年ぶりに、デンマークの名指揮者トーマス・ダウスゴーが、ルート・ラングガード音楽祭の伝統豊かなコンサートで、ソンデルユラン交響楽団の首席として復帰する。 コンサートはまさに世界初演から始まります。トーマス・ダウスゴーは、善と悪が最後の音まで戦い合うルート・ラングガードの弦楽四重奏曲第 3 番をオーケストレーションしました。ダウスゴーが選んだタイトル「ラビア(怒り)」は、ラングガードが一時期使っていたもので、私たちがさまざまな感情を体験できる、激しいオーケストラ体験が用意されています。

今年で 200 年前に生まれたアントン ブルックナーは、天井が無限に高い大聖堂に入る体験に最もよく例えられる交響曲を書きました。その中で最も素晴らしいのは交響曲第 8 番です。4 つの大人の楽章を経て、私たちは謎と死の予兆に特徴づけられた世界から、光が勝利するフィナーレへと移ります。壮大なリーベ大聖堂のために作られた音楽です。今年のルード・ランガード・フェスティバルのテーマは「信仰」です。ブルックナーもラングガードも、音楽の助けがあれば、私たちの想像をはるかに超えた世界へのアクセスをリスナーに提供できると信じていました。 2024年にもその経験が必要です。

🕒 約休憩込みで2時間

プログラム:

R. ラングガード_ 弦楽四重奏曲第 3 番 (ラビア) – 弦楽編曲 (T. ダウスゴー)
A. ブルックナー: 交響曲第8番

導体

トーマス・ダウスゴー

 

日付

2024 年 9 月 6 日金曜日

時間

20:00

チケット

チケットを買う

位置

リーベ大聖堂
Torvet 19、6760 リーベ
コブビレット
ja